HOME > 弊社のこだわり

弊社のこだわり

江藤製作所のこだわり

江藤製作所のこだわり

江藤製作所のこだわり

大正5年(1916年)10月23日 飯塚市菰田西3丁目で創業。
先々代の江藤國次郎が、樫(カシ)の木を使って 農作業用の「鍬」や炭坑用の「坑内つるはし」等の『柄』を造ったのが始まりです。
当時は、道具なども大きなものはあまり無く、最後の作業で滑らかに仕上げる道具である「鉋」(カンナ)は、仕上げる「形」に合わせて、その「刃」や「台」を作って使うという”道具からの手造り”でした。
その”手造りの心”を現在も受けついで、「木のやわらかさ」、「木のやさしさ」、「木のあたたかさ」を第一にと考えて、木の贈り物をお届けしています。自然のままですので、同じ紋様はふたつとない”世界にひとつだけのもの”です。
使っている材料は、国産の原木を市場に直接出向いて仕入を行ない、製材後充分に自然乾燥させて加工・仕上げまで、すべて自社にて製作しています。
表札は、塗装を施していますが、着色塗装は自然な木の表情を活かすことが少ないと考えていますので、わたし達はクリア塗装のみとしています。

>商品一覧へ

杵へのこだわり

杵へのこだわり

江藤製作所の杵へのこだわり

餅つきの杵の材質については、頭部・・・樫(カシ)、欅(ケヤキ)、朴(ホウ)、桐(キリ)、楓(カエデ)の5種類を製作し、 柄部・・・樫(カシ)、楢(ナラ)、椎(シイ)の3種類を主に取付けています。
柄の材質に関しては、堅くて強い「樫」の使用を原則としています。頭部が軽めの「朴」とした場合、軽めの「楢」の柄が最適の組合せとしています。
また、弊社の杵は商品の保護及び衛生上の意味からシュリンクフィルム包装をしています。
さらに、『ちびっこきね』は、幼児用として、軽さを「第一」と考えて、柄はもっと軽めの「椎」を採用しました。
餅つきの楽しさをこの時期から親しみ、豊かな心が育まれていきますように!

>杵の商品一覧へ

表札へのこだわり

表札へのこだわり

江藤製作所の表札へのこだわり

家の玄関が、「人」の出入り口であるように、家の「表札」は、「心」の出入り口であると私たちは考えています。この「表札」を気持ちをこめて表現できるのが、「木の表札」であると考えて創っています。
「木」にはひとつひとつがすべて自然のものであり、その表情は個性があり、おなじ紋様はありません。この自然からの贈り物である「個性」を活かして仕上げています。

>表札の商品一覧へ

木札へのこだわり

木札へのこだわり

江藤製作所の木札へのこだわり

弊社で取り扱う材料は、国内産の原木丸太を直接材木市場で仕入れて、製材加工しているので、材料は厳選して使用することができます。使用部位としては、通常の「板目」、「柾目」と中間部の「木目」がありますが、通常あまり採れない「杢目」、「耳付部」も使用して造ることもあります。在庫がある場合にのみ、そういう「杢目部」、「耳付部」も別途対応致します。御希望があれば、お問い合わせください。
一点一点異なる表情を持つ「一片の木」ですが、出来る限り個々の表情を表すことが自然の継承であるとわたし達は、考えています。
使用されるフォントにより、”キリッ!とした表情”からやわらかい”ホンノリとした表情”まで、木札をお持ちになられた方のお気持ちを「形」に表すように心がけています。

>木札の商品一覧へ


PAGE TOP