HOME >豆知識

弊社のこだわり

杵の豆知識

杵の豆知識

杵の豆知識

杵は昔から、その地方により使う材質にも伝統があり、また、臼の材種(木または石)によっても使い分けされています。
石臼の場合、「樫」または「欅」が適しています。
餅つきは、「力」で餅をたたくのではなく、「杵」の重さを利用して上から落として、つくものなのです。このような本来のつき方には、「樫」や「欅」が最適なのです。
「朴」は粘りがあり、柔らかめで、軽く、取り扱いやすいので、子供用、女性用として広く使われ、4寸の「杵」は男性用として使われています。

餅つきで、注意をしなくてはならないことは、餅のない臼の部分を直接つくようなことが無いようにすることです。直接つくと、杵材がヘタッて、木屑が餅に混ざったり、割れたりすることがあります。

石臼の台の豆知識

石臼の台の豆知識

石臼の台の豆知識

石臼の台の材料は、山陰地方の赤松を使用しています。松の木は、日本の三大樹木として、古来より日本の構造物や造作物に多く使用されています。
その中でも、「松」という材料は、粘りがあり、水分にも強いということで、重宝されてきました。

この「松」を焼くことにより、防虫・防腐効果を狙っています。また、その焼紋様は、年輪紋様が強調されて情緒を感じさせてくれるでしょう。

表札の豆知識

表札の豆知識

表札の豆知識

弊社は木製の表札にこだわり、その暖かさ、優しさを活かした表札づくりを行っています。
クリア塗装で仕上げをしていますが、美しさを長く保つ為に、月に数回、乾いた布でホコリを取る程度の簡単なお手入れをして頂く事をお勧め致します。
特に、潮風が当たる、直射日光や風雪に晒される等の条件下では痛みが現れやすくなりますので、ご注意下さい。

木札の豆知識

木札の豆知識

木札の豆知識

木札は、自分を守るために身に付ける「御守札」と、自分の身元を表す「身元札」との2種類があります。
「御守札」は自分自身の身代札とも考えられ、この札が痛んだり割れたり、紐が切れたりした時は、自分の代わりに災厄を引き受けてくれたと考えて供養し、また新しい札を作成・購入します。
「身元札」は自分の身元を表すもので、旅先などで万が一の事故にあってしまった時や、迷子になってしまった時(子供やお年寄り、ペットにも)などに重宝します。


PAGE TOP