HOME > 取扱商品一覧 > 石臼の台

石臼の台

石臼の台

江藤製作所の石臼の台の特徴

石臼の台の材料は、山陰地方の赤松を使用しています。松の木は、日本の三大樹木として、古来より日本の構造物や造作物に多く使用されています。
その中でも、「松」という材料は、粘りがあり、水分にも強いということで、重宝されてきました。

この「松」を焼くことにより、防虫・防腐効果を狙っています。また、その焼紋様は、年輪紋様が強調されて情緒を感じさせてくれるでしょう。

石臼の台の商品一覧

写真
(拡大)
商品名サイズ(mm)
(高さ×外寸×内寸×
頂部内肩内寸×
足の幅×足の厚み)
重量価格選択
石うすの台石うすの台455×500×390×
450×95×55
約8.2kg13,500円

石臼の台の概要

石臼の台の概要

石臼の台の組み立て方法

  • 1.セット内容
    組立部材・・・2組
    長ボルト・・・2組(丸ワッシャー・・・2枚、ナット・・・1個/組)
    短ボルト・・・1組(丸ワッシャー・・・2枚、ナット・・・1個/組)
    板スパナ・・・2本
  • 2.「組立部材」の横架材の凹凸部分を合わせて組み上げる。
  • 3.短ボルトに丸ワッシャー1枚を付けて、上から差し込み、下から丸ワッシャーを入れて、ナットを取り付け、スパナで両側から締め上げる。
  • 4.長ボルトをワッシャー2枚を使ってクロスする形で締める。緩みが無いように十分に締めてください。
  • 5.使用中、ボルト、ナットに緩みが無いかを、時々確認して、緩みがあれば、締めてください。

組み立て方法

PAGE TOP